swimming-286211_640

 

護衛艦の科長になると、自分の後輩(士クラスなど初級幹部)を指導していく責務はますます重要になってきます。

彼ら初級幹部との関係は、例え直接の上下関係があっても(砲雷長と砲術士、水雷士など)部下としてではなく後輩(自分の後に続く者)として考えていました。

 

海上自衛隊の(特に船乗りとしての)教育は、徒弟制度に似た部分があります。

いわゆる職人の世界で良くいわれる『技を盗む』というものです。

様々な技術的要素をいちいち教えるのではなく『見る』『まねる』『盗む』というものです。

確かにそうやって苦労して身に着けた技術や知識はしっかりと定着し、自分のものとなることに異論はありません。

 

これに関して、私の考え方は多少異なっていました。

ただでさえやることや覚えることが多い初級幹部に対して、特に仕事の進め方などについては自分の経験上有益だったことを積極的に教えるべきだと考えていたのです。

初級幹部が無駄なく望ましい方向へ進めるよう手を差し伸べることは、決して過保護ではないという考え方だったのです。

むしろ、彼らに任せた仕事の経過概要に意を用いず放任した結果、その期限に間に合わない事態に陥ることにこそ罪があると考えていました。

何でも教えすぎるのは良くないという雰囲気が存在するのは確かです。

ですが、最初は人から教えられたやり方であっても、見よう見まねで経験を重ねることにより、次第に自分自身の独自性を出すことができるのではないでしょうか。

学ぶというのは真似ることから始まるものだからです。

 

また、間違った方向へ労力をかけている初級幹部に対しては、必ず『何故間違っていると思うのか』という理由を明確に示すことを心がけていました。

昔『ダメなものはダメ』なんていうキャッチコピーがありましたが、感情に訴えるだけでは本当の得心には至らないものだと考えています。(逆に言えば理由をはっきり申し述べることに差障りがある場合は、感情論に訴えて論点をすり替えれば良いということかもしれませんが)

間違っている理由を明確にするという思考過程にこそ意味があり、その思考過程が別の問題にも対応できる柔軟性を生むことに繋がると思うからです。

 

Sponsored Link

 

では次に、自分が指導された経験上『これは、ちょっといかがなものか』と感じた事例について紹介します。

私が決裁を求めて持参した文書(電報)を一瞥しただけで床に放り投げた上司がいました。(以前はこのようなタイプの指揮官は普通に存在していたと聞き及びます)

部下の持ってきた成果物の内容が気に入らないのであれば、そう口頭で伝えれば良いだけのことです。

自衛隊での指揮官や上司という立場に関係なく、人として取るべき態度ではないと感じましたが、黙って拾って退室しました。

そのまま艦外に放り投げようかとも思いましたが、さすがに思い止まって私室のゴミ箱に放り込みました。

当時から10年以上経過した今となっては、その場で自分の思ったことをはっきりと伝えるべきだったと後悔しています。

そうしなかったために、心の中に『消すことのできない大きなしこり』を残こすことになったのでした。

 

数時間後、しびれを切らした上司から

「さっきの文書もう一度持ってこい」

と艦内電話で連絡が入りました。

そこで改めて、一言一句修正していない文書をゴミ箱から拾い上げて再び持参しました。(部下としてあるまじき反逆行為です。今改めて当時を振り返るとお恥ずかしい限りで冷汗が出てきます。こういう態度を『不関旗を挙げる』と申しまして海軍では厳に戒められる行為でした)

 

あの時、上司が投げ捨てたのは単なる文書ではなく『部下の忠誠心』と『人間関係』だったといえます。

『覆水盆に返らず』といいますが、これらは一度捨てれば修復することが極めて困難なものなのです。

 

反面教師という学び方もまた貴重な経験になるものだと確信しています。

その瞬間の気分は悪いのですが、少なくとも同じような思いを自分が他の誰かに与えることは絶対にしたくないという考えに至れば、決して無駄になるものではありません。

むしろ、反面教師であるほどより深く印象に残り、その後の教訓となりうるのかもしれません。

 

Sponsored Link