shoes-243726_640

 

艦は特別な事情がない限り、「出船」すなわち出港しやすいよう艦首を港外に向けた状態で係留します。

艦首を港外に向けて係留しておけば、速やかに出港できるからです。

 

帰宅時には、玄関で靴を脱いだでつま先を玄関に向けてそろえますよね?

艦も同じく入港してきて、艦首を港外に向けたのち接岸係留するのです。

 

Sponsored Link

 

字面のみ解説すれば上記のようになりますが、真意は即応態勢の維持にあります。

緊急出港で速やかに港外へ出て目的地に急行したいのに、艦を引き出してから方向転換し改めて発進・・・

時間にすれば数十分のことかもしれませんが、そういった時間のロスでも積み重なれば多大な損失につながります。

結果として、最も重大な機を逸してしまう可能性は飛躍的に倍増します。

 

期待された結果が出せなければ、最初から存在していなかったのと同じです。

予め想定される損失を未然に防止する努力・・・

そしてこの積み重ねが、即応態勢の維持につながるものです。

毎日の生活の中で「これくらいはいいだろう」とおざなりになっていることはありませんか?

面倒がらずに一つ一つを習慣化してしまえば、ここ一番の機を逸することはないでしょう。

 

Sponsored Link