children-602967_640

 

「あなたの母校はどこですか?」

そう聞かれたとき、あなたならどのように答えていますか?

最終学歴ですか?

それとも、一番思い出の多い学校ですか?

 

私は、現在の自分を形成する上で最も影響を与えた学校だと考えています。

そこで、改めて自分の母校はどこだろうと考える時、海上自衛隊幹部候補生学校こそ我が母校だという結論にたどり着くのです。

まあ、これは小学校から大学までの学校と同一に扱うのは無理があるのかもしれませんが、その理由について考えてみたいと思います。

なお、義務教育の小中学校は自分で選択したわけではありませんから除外します。

 

Sponsored Link

 

高校は県立の普通科高校に進学したのですが、ほとんど何も考えず(つまり学ぶことなく)卒業に至ります。

そもそも偏差値による判定で、無難に合格できる学校を選択しただけのことなので、そこで何を学ぶべきかなど全く考えずに進学したことに原因があります。

入学した時点でやる気は完全にゼロでした。

その結果、1年生の最初の中間試験でいきなり欠点科目の山を築いて、ぶっちぎりのクラス最下位となりました。(おそらく学年も最下位)

高校中退という現実もちらついていましたが、なんとか周囲の支えで進級します。

「このままでは、何も考えることなく社会に出てしまう。時間的猶予を得るために大学へ行こう」

そう思った私は、高校3年になってようやく受験勉強に取り組むことになります。

周囲からの非難を浴びながら、受験勉強だけに特化した結果、なんとか志望大学に入学することができました。

 

大学は今まで(小学校から高校まで)とは違って受け身ではなく、自ら学ぶところだと言われています。

「たしかにその通りだろう」

と張り切って講義に参加してみましたが・・・

当然、1年生の始めは一般教養科目(パンキョー)なるものがその大部分を占めるわけでして・・・

速攻でドロップアウトしました。(笑)

一般教養の教授自身が話した言葉で、今でも印象に残っているのは

「一般教養の授業をするのは、砂漠に水をまくような仕事だよ」

言いえて妙だとは思いますが、学生に対する愛情が全く感じられない言葉だと思います。

以心伝心という言葉があります。

そういう態度で行われている授業を聞いている学生が真剣に取り込めるはずもありません。

最も学生のやる気のない態度が、そういう教授を形成したのかもしれませんが・・・(鶏と卵ですね)

今にして思えば、あれは社会に出てから必要となる忍耐力を涵養することが真の目的だったのかもしれません。

自然と学校から足が遠のいて、サークル活動などの人的交流も終息しました。(ゆえに大学時代の友人で現在も交流のある者は一人もいません)

 

高校、大学ともに初動に失敗して、以後はその修正に苦しむという結果となりました。

もちろん卒業するためには、それなりには講義に出席せざるを得ないのですが、お世辞にも真剣に勉学に取り組んだとはいえない状況でした。

大学時代は、読書、バイト、旅行(バイクで放浪)することで終息することになりました。

これらは自分の人格を形成する上で重要な要素ではありますが、別に大学を活用して得たものではありません。

4年生になって、卒業と就職を意識せざるを得なくなり(随分と悠長なことではあるが)、

「今度こそ、何かに真剣に取り組もう」

そう思って選んだのが『海上自衛隊幹部候補生学校』でした。

 

学ぶことと仕事が直結しているという理由が大きいとは思いますが、初めて充実した学校生活を経験することになります。

何よりも、教育する側の学生に対する愛情こそが重要な要素だと思います。

教える側の根底に「自分たちの後に続くものを導くのだ」という強い思いがあるからではないでしょうか。

もう一つ忘れてはならないことは、同期の存在です。

ともに苦しいことを経験し乗り越えてきた同期がいたからこそ、海上自衛隊幹部候補生学校こそ我が母校という思いが強いのでしょう。

 

Sponsored Link