newspaper-598906_640

 

最近、『元自衛官』の事件が報道されました。

官邸ドローン事件です。

この種の事件を見聞きするたびに

「またか・・・」

と、うんざりした気持ちになります。

そして、なぜそんな軽率な行動をとるのかという憤りも覚えます。

今回の事件は官邸にドローンを降下させたという表面上のテロ行為に加え、自衛隊という組織に対する国民の信頼を失墜させたという意味においても二重の意味でテロ行為なのです。

 

全ての退役自衛官は犯罪等ネガティブな報道内容に関して、必ず『元自衛官』と書かれることをもっと認識するべきです。

良い内容の報道で使われることは、まず皆無といっても過言ではないでしょう。

これは何も自衛官に限ったことではなく、警察官、消防官、公務員や政治家など公職にある者の定めだといってよいのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

つまり、一度でも公職に就いた経験があれば、残りの人生において一生この『元〇〇』という重い十字架を背負って生きてゆかねばならないのです。

実際、幹部候補生時代に同期として入校した者が僅か1日で退職していきましたが、彼でさえ『元自衛官』になってしまうのです。

私の場合であれば、『元自衛官』と書かれるだけでなく『元幹部自衛官』と書かれるでしょう。

自衛隊のイメージを陥れるためにより効果的ですから。

 

現役自衛官であれば、日々の勤務の中で無意識であっても自分を律する機会があると思います。

毎日、制服に着替えるだけで自分は何者であるのか認識できるはずです。

しかし、公職を辞した者にそのような無意識の機会はやってきません。

自ら機会を創作して意識付けしてこそ、はじめて自分自身を律することができるのです。

 

国民の不信感をあおり、自衛隊組織の権威を失墜させようという勢力があることを決して忘れてはいけません。

そして、常に油断することなく日々を過ごさなくてはならないと考えています。

付け入る隙を与えず、ましてや自らそういう勢力に身を落とすことなどあってはならないことです。

 

創設以来、多くの人のたゆまぬ努力によって今日の自衛隊があります。

日陰者のように扱われた時代から、ようやく良識ある国民の大多数に信頼されるまでになってきたのです。

それを、一個人の軽率な言動や行動によって貶めることなど許されるものではありません。

こういう機会にこそ、元自衛官としてのあるべき姿を自問するべきでありましょう。

 

Sponsored Link