woman-591576_640

 

時代の流れというべきか自衛隊における女性の進出は著しいものがあります。

私自身も僅かながら彼女達『女性自衛官』と勤務する機会を得て、階級や職域に関わらず、その能力の高さに感嘆することも少なくありませんでした。

採用枠が狭いという実情から、より優秀な人材が入隊していることもあり、個人の能力において男性隊員を遥かに上回る隊員が多いのもまた事実です。  

 

このような状況からいわゆる後方勤務については、今よりも一層採用枠を増やしてガンガン活躍してもらいたいという思いがあります。

少子化で必要な人材確保が困難な現代日本において、女性自衛官の増加についてはもっと積極的に推進されるべきでしょう。  

更には育児休暇を取りやすくするために余裕のある人員配置を考慮したり、営内に託児所を設置したりと工夫すれば『結婚~出産~退職』という極めて勿体ない現在の一連の流れを食い止めることができるのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

女性の戦闘職域への登用について

washing-664695_640

 

時代に逆行する考え方ですが、女性の戦闘職域への登用には反対というのが私の立場です。

女性自衛官に対する時代の要求や個々人の能力の高さを認めた上で、なお、そのように考えているのです。

いくらそうすることが機会均等であるとはいえ、女性を戦場に送ることが人間として(男性としてではなく)正しい選択だと言えるのかということなのです。

護衛艦についても、戦闘状態になれば艦内は被弾によって地獄のような有様になる可能性が高まります。

そんな場所に女性を送りたくはないのです。    

 

こういう考え方は私が男尊女卑の聖地『九州ISLAND』の出身だからかもしれませんが、これは別に女性に対して

「男よりも能力が劣るから奥に引っ込んでいろ!」

といっているのではなく、

「女性と子供は守られるべき存在だ」

という考えに基づくものです。

いずれにしてもフェミニスト諸氏から見れば敵として認識される考え方だとは思いますが。

 

究極的なことを言えば、この人類社会にとって男は一人だけ存在すればそれでいいのです。

(子孫を残す能力を有することが前提ですが)

だからこそ、なんでもかんでも機会均等を目指すのではなく、戦闘なんてツマらないことは男にやらせておけばいいと思うのですが、いかがでしょうか?

 

Sponsored Link