「教訓」タグの記事一覧

甲板士官のメリット

初級幹部必読
せんだい、甲板士官、通信士

  当ブログにも度々登場する甲板士官とは、ぶっちゃけ言ってしまえば『雑用係』に他ならない。 甲板士官としてやるべき業務も決まっているが、厄介なのは『誰の所掌であるか分からない業務は全て甲板士官の業務』と規定され・・・

彼を知り己を知れば百戦危うからず

格言及び教訓

  自分の身銭をきって新聞を定期購読しなくなってから久しいのですが、職場に新聞が置いてあるため何気なく読んでいて感じたことをお話しします。 また、この記事を書こうと思った動機は、現在進行形で安保法制をめぐる一連・・・

現有装備の最大活用

格言及び教訓

  文字通り、今持っている装備を最大限に活用して戦えということです。 裏を返せば、これ以上のものは何も出てこないという宣言だともいえますが。(笑)   別に自衛隊に限った話ではなく、自分の日頃の生活を・・・

言った言わないは言った者の責任

格言及び教訓

  しまかぜ機関士の時に艦長から指導され、現在もなお印象深い言葉です。 詳細な経緯は失念しましたが、何かの報告事項についてのやり取りだったと思います。   自分としては確かに艦長に報告した事項について・・・

最大の失敗

護衛艦しまかぜ(機関士)

  機関士としての勤務も後半に入り、大きな海上演習を控えている頃の話です。 士官室での昼食時に艦長から 「(機関士が終了して)次の配置では、1分隊幹部になるだろうから、リハビリを兼ねて次の演習時は艦橋で立直した・・・

2等海尉に昇任!

護衛艦しまかぜ(機関士)

  1995年7月1日付で2等海尉に昇任しました。 前回は幹部候補生学校の卒業と同時(1993年3月20日)に昇任しましたので、約2年3か月の3等海尉生活でした。 2等海尉になると外見上は細い金線が1本追加され・・・

仕事の分担

護衛艦せんだい(通信士)

  私が体育係士官として、思い出に残っている教訓についてお話しします。 護衛艦『せんだい』は僚艦『おおよど』『とね』とともに第39護衛隊に所属しておりました。 隊の中ではそれぞれ術科担当艦というものが決まってい・・・

ページの先頭へ