「日常業務」タグの記事一覧(2 / 2ページ目)

戸惑い

プログラム業務隊(プログラム1科)

  陸上部隊での勤務は、それまでの艦艇勤務と異なる点が多く、慣れるまでは戸惑いの連続でした。 しかし、慣れるのにさほど時間も労力も必要とはしませんでした。 きつい方から楽な方へと慣らすことは、そんなに大変ではな・・・

所掌業務と責任

護衛艦ちくま(航海長)

  ある日のこと、士官室に入ると通信士が艦長に叱られている様子。 普段は何事もそつなくこなし、艦長にも可愛がられている通信士だけに 「・・・めずらしいな」 と思ってよく内容を聞いてみると・・・ どうやら週間予定・・・

言った言わないは言った者の責任

格言及び教訓

  しまかぜ機関士の時に艦長から指導され、現在もなお印象深い言葉です。 詳細な経緯は失念しましたが、何かの報告事項についてのやり取りだったと思います。   自分としては確かに艦長に報告した事項について・・・

後輩がいる!

護衛艦しまかぜ(機関士)

  任務ガスタービン課程を修業し、護衛艦『しまかぜ』に戻ってきました。 最初の護衛艦『せんだい』通信士との決定的な違いは2年目なので、後輩がいるということです。   士官室で最末席の幹部には、とにかく・・・

仕事の分担

護衛艦せんだい(通信士)

  私が体育係士官として、思い出に残っている教訓についてお話しします。 護衛艦『せんだい』は僚艦『おおよど』『とね』とともに第39護衛隊に所属しておりました。 隊の中ではそれぞれ術科担当艦というものが決まってい・・・

青年士官は青天井

護衛艦せんだい(通信士)

  『青年士官は青天井』という言葉があります。 経験の少ない初級幹部は、士官室でデスクワークせずに積極的に外で乗員がやっている作業などを見て艦の業務を覚えなさいということです。   最初にこの言葉を聞・・・

ページの先頭へ